実際に届いた詐欺メールを公開します!

eBayセラー向け翻訳サービス『コレット』、料金、システム大幅リニューアル!
月1,980円であなたの語学面での不安を解消します!詳細は こちら



数日前にPayPalを装ったスパムメールが舞い込んできました。たまたま同じ日に私が運営しているeBay セラーフォーラムでも、メンバーの方からPayPalになりすましたスパムメールが届いたと投稿がありました。今回はこの2つのスパムメールとリミットアップ交渉を代行しているお客さんのところに昨年末に届いたスパムメールを紹介いたします。3番目のスパムメールはeBayになりすましたものです。


PayPal なりすましスパムメール - 1


以下は私に届いたスパムメールです。(クリックで拡大表示できます。)

Untitled.jpg

内容の大筋は「2016年2月20日に不審なログインがありました。アカウントを確認して、他人が許可なくログインしたものなのかお知らせください。確認が取れるまでPayPalの利用が制限されます」というようなものです。そしてリンクを貼ってある Resolution Center をクリックし、必要情報を入力するよう説明しています。

リンクをクリックするとパスワードやクレジットカード情報等の入力を要求してくるわけです。

このスパムメールはかなり体裁よく作成していますが、以下の点からスパムと気づくことは容易だと思います。
    1. 英語で書かれている。日本人の多くはPayPalジャパンと契約していて、日本語のメールを受け取る設定にしているはずです。

    2. 差出人のメルアドのドメインがPayPalでない。画像で赤丸で囲んでありますが、ドメイン名がremovemylimitation.com というヘンテコなものです。

    3. そもそもPayPalはメールで誘導したページでパスワードやクレジットカード情報をリクエストすることがない。

    4.2月20日に不正ログインがあったということだが、メールを受け取ったのは2月12日。将来の不正ログインを知らせてきた?(苦笑


PayPal を装ったスパムメール - 2


以下は「eBay セラーフォーラム」のメンバーさんが投稿してくれたスパムメール画像です。(クリックで拡大表示できます。)

Untitled.jpg

「登録内容が不正確もしくは未確認となっています。利用に支障が出ないよう以下のリンクから登録情報を確認してください」という内容です。やはりログインするとセキュリティ上、重要な情報を要求する手口です。

こちらは体裁自体がやや稚拙に感じますが、差出人のメルアドは paypal.co.uk で、PayPalイギリスの正しいアドレスです。ただ通常の表示ではなく、画像を嵌め込んで表示しているようです。

こちらも英文であること、リンクで誘導して機密情報を聞き出そうとしていることからスパムであると容易に判断できます。またPayPalはアカウントに問題があると使用禁止にすると思いますが「利用に支障が出ないように」という表現を使っています。実際にはアカウント使用に全く問題がないので、支障が出る可能性があるという表現で逃げ切ってます。


eBayを装ったスパムメール


リミットアップ交渉代行をご依頼頂いてるお客さんに届いたメールの画像です。(クリックで拡大表示できます。)
Untitled.jpg

「クレジットカード会社を通してeBay の登録情報を照合できませんでした。ユーザー規約第9項に従い、アカウントを暫定もしくは永久にサスペンドする可能性があることを警告します。この問題を解決するため、以下のボタンをクリックして登録情報を確認してください」という内容です。

こちらは体裁的にはかなり精工にできていると感じました。しかし、以下の点が不自然でスパムメールと気づくはずです。
    1. eBayもPayPal同様、パスコード、クレジットカード情報をメールで誘導したページで要求することはない。

    2. 日本のeBayセラーの決済手段はPayPalであり、eBayの登録情報の照合はPayPalの登録情報と照合して確認する。クレジットカード会社に登録している情報と照合するわけではない。

    3. 画像には表示していませんが差出人のメルアドが ebayaccount@mail.villa-arson.org であり、ドメイン名が eBay ではない。

    4. ボタンのリンク先が eBay のサイトではなく、http://amintro.com/xxxx だった。

    5. アカウントに問題がある場合は「サスペンドしました」と通知されるはずだけど、「サスペンドの可能性があります」となっている。(実際にアカウントはサスペンドされていないので可能性がありますという表現で逃げています。)

スパムメールの実例を3つ示しましたが、少し、気を付ければスパムと判断することは容易だと思います。ただ私たちのメールアドレスはどこから入手したのでしょうかね。PayPalやeBayから個人情報が漏えいしている可能性がないか心配になります。

(本記事は2016年2月18日作成)



※ 海外取引に特化した迅速、格安、正確な翻訳サービス、CoRett(コレット)が新システム、新料金でサービス提供開始しました。月額1980円(税別)から利用することができます。

http://corettweb.com/promo/


※ 「eBayセラーフォーラム」メンバー募集中!

みなさんが自由に発言して、情報交換する場として、「eBayセラーフォーラム」を設けました。以下から参加申請できます。お気軽にご申請ください。

https://chatwork.com/g/ebay

このフォーラムに関するお知らせはこちらです。 
http://ebaylimitup.seesaa.net/article/382926623.html


※ eBay交渉代行のお申し込みはこちらから

リミットアップ等のeBayとの交渉代行はこちらからお申し込みください。

リミットアップ交渉、サスペンド解除についてのご案内ページを設けました。ご参照ください。





posted by ジェフ at 22:55 | Comment(0) | リミットアップ不成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

販売実績ゼロで10倍達成!(初回リミットアップ交渉)

eBayセラー向け翻訳サービス『コレット』、料金、システム大幅リニューアル!
月1,980円であなたの語学面での不安を解消します!詳細は こちら


私のリミットアップ交渉代行サービスでは、初販売(初落札)から30日経過していないセラーさんからご依頼は基本的にお断りしています。但し、リミットアップできない可能性が高いことをご理解頂いた上で交渉を非常に強くご希望される場合に限り、交渉代行を受け付けています。

今回は販売実績ゼロ、初出品から7日ほどで、初回リミットアップ交渉代行を強くご希望されたS.U.さんのケースを紹介します。アップはできない可能性が非常に高いと事前に何度もお伝えしましたが、蓋を開けてみれば10倍アップ達成でした。


S.U.さんのバックグランド


  • 現状リミット: 500ドル 10品

  • 初出品から1週間ほど経過、まだ売り上げはゼロです。バイヤーとしてのフィードバックは70余りありものの、セラーとしてのフィードバックは当然、ありません。



    交渉概要


    eBay: 「ハロー、eBayのM...です。お名前を教えてください」

    私: 「タカアキ・ヤマモトです。アカウント所有者のS.U.さんの代理でお話しています」

    eBay: 「了解です。S.U.さんから代理で交渉することに同意されるか確認を取らせてもらえますか?」

    私: 「はい、電話を代わりますので、少々、お待ちください」

    S.U.さん: 「ハロー」

    eBay: 「ハロー、貴方のアカウントについてタカアキが代理で話し合うことに同意されますか?」

    S.U.さん: 「イエス」

    eBay: 「ありがとうございます。では、タカアキに代わってもらえますか?」

    私: 「ハロー、タカアキです」

    eBay: 「ハイ、タカアキ。今日のご用件をお知らせください。リミットアップについてですか?」

    私: 「はい、販売実績が乏しい状況ですが、リミットアップが可能か確認したくて電話しています」

    eBay: 「分かりました。可能か確認してみたいと思います。S.U.さんは何を出品していますか?」

    私: 「主に◯◯◯です」

    eBay: 「仕入先を教えて下さい」

    私: 「日本国内の小売店から購入しています」

    eBay: 「了解です。必要な情報は以上です。暫く保留にしますが、お待ち頂けますか?」

    私: 「もちろんです。よろしくお願いいたします」
      <担当者は保留にして、アカウントの内容を詳細に確認しています。保留になると脈ありです。>

    eBay: 「ハロー、タカアキ。もう少し、時間が掛かりますので、そのままお待ち下さい」

    私: 「了解です」

    eBay: 「お二人ともお待ち頂き、ありがとうございました。S.U.さんのリミットを100品、5000ドルにします」

    私: 「ありがとうございます!私達2人共新しいリミットには大満足です」

    eBay: 「どういたしまして。満足頂けて嬉しいです。リミットは数分で反映されます」

    私: 「了解しました」

    eBay: 「お電話ありがとうございました。ハヴァ・ナイス・デー!」

    私: 「サンキュー!ハヴァ・ナイス・デー ・ツー」



    今回の交渉について


    アップは不可と確信していた私ですが、あっさり10倍アップと驚きの結果となりました。

    出品内容、仕入先を伝えた後、通話を保留にして、待たされました。アカウント内容を詳細に確認するためですが、保留になると脈ありです。リミットアップ不可の場合は保留前に不可と言い渡されるのが普通です。保留後にアップ不可を言い渡されることも稀にあるので、今回はその稀なケースだろうと内心思っていました。しかし、嬉しい形で予想は外れました。

    3年位前までは販売ゼロでもリミットまで出品すれば10倍アップがそこそこに出ていました。その頃に書かれたブログ記事もググるとたくさん出てくるので、今でも強引に交渉すれば何とかなると思っている方も多いようです。しかし、ここ2年位は販売実績がゼロではまずアップできません。今回は本当に特異なケースです。

    最近の初回リミットアップでは、以前と変わりフィードバック数、コンバージョン率(リミットに対する販売率)はさほど重要視されなくなりました。代わってリミット使用率が最も重要な項目になりました。交渉時にリミットを使い切っているのが理想で、使用率が50%以下だとアップを認められない可能性が高くなります。

    以前はeBayの登録情報の確認のために免許証や住所証明書を要求されることがありましたが、今はPayPal の登録内容と照合してeBayの登録情報の信憑性を確認します。このためPayPalとeBayの登録情報が不一致な場合はアップ不可もしくは極度に小さなアップになります。

    初販売から30日経過し、リミットほぼ100%使用して、PayPalとeBayの登録情報が一致していれば、10倍アップはかなり現実的となります。

    (本記事は2016年2月14日作成)



    ※ 海外取引に特化した迅速、格安、正確な翻訳サービス、CoRett(コレット)が新システム、新料金でサービス提供開始しました。月額1980円(税別)から利用することができます。

    http://corettweb.com/promo/


    ※ 「eBayセラーフォーラム」メンバー募集中!

    みなさんが自由に発言して、情報交換する場として、「eBayセラーフォーラム」を設けました。以下から参加申請できます。お気軽にご申請ください。

    https://chatwork.com/g/ebay

    このフォーラムに関するお知らせはこちらです。 
    http://ebaylimitup.seesaa.net/article/382926623.html


    ※ eBay交渉代行のお申し込みはこちらから

    リミットアップ等のeBayとの交渉代行はこちらからお申し込みください。

    リミットアップ交渉、サスペンド解除についてのご案内ページを設けました。ご参照ください。




    posted by ジェフ at 18:20 | Comment(0) | リミットアップ成立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。